ハイバリア・ヒートシール袋

ハイバリア・ヒートシール袋紙角底袋の形態をとりながら、バリア性素材とシーラント樹脂を組み合わせることで遮光性、ガスバリア性、水蒸気バリア性を実現し、理論上は100%バリア性能を有する、中身を守る為だけに作られたハイバリアな包装資材です。
更に外側にもう1 層のクラフトを追加した2 層構造にすることで、より外部からの過度なストレスに対しての耐久性を高めることも可能です。
紙の持つ自立性や包装のし易さなどのメリットに加え、全面印刷をすることにより商品アピール性を高めたり、小ロット向けとして表示用の紙ラベルを貼付してから供給を行うサービスも行っています。
充填後は口元に熱を加えて封緘でき、内部の気密性を長期間ホールドできます。
その他のラインアップとして、簡易包装用のクラフト+樹脂タイプのヒートシール袋の他、クラフト+クラフト2層の糊貼り角底袋も製袋可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

[用途(実績)例]
農薬、食品(小麦粉、ココア、飲料水用フレーバー)、粉石鹸、火薬、ペットフード、ワイン袋