SDGsサークル活動報告

2021.05.25

2021年5月8日(土) 沼津市の千本浜海岸にてSDGsサークル活動の一環として社員とその家族ら総勢54名によるビーチクリーン活動を実施致しました。

晴天に恵まれた当日早朝いざ海岸を歩いてみると、ペットボトル・空き缶・ビニール袋・プラスチックの破片やカラーコーン、バーベキューの残骸まで非常に多くのゴミが散乱している状態を目の当たりにしました。
参加者は一心不乱にゴミを拾いつつ、多くの仲間と共に汗をかきながらもクリーン活動を楽しみました。

海洋プラスチック問題は単なる海中の環境問題だけでは無く人体にも影響を及ぼす可能性が有り、未来の子供達を含む全ての人類にとりましても共通の将来に亘っての大きな課題です。 共同紙工株式会社は紙や生分解性樹脂を使用する「GeoPack」でプラスチックの使用量を削減し、地球環境に優しいパッケージで持続可能な社会の実現に向け、これからも活動を続けて参ります。

→海洋プラスチック問題の資料はこちらから

HP掲載写真②

HP掲載写真①

IMG_5229