新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策への緊急支援として簡易防護服約5,000着を、国内の医療機関向けに寄贈

2020.07.08

共同紙工はこのたび、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策への緊急支援として、簡易防護服約5,000着を、国内10の医療機関に寄贈致しました。
医療に従事されている方が使用される防護服不足を少しでも補える様に、弊社のクリーンルームで製造をしている医療用のポリエチレンフィルムを加工した簡易防護服を社員の手で1枚1枚手づくりをして仕上げました。今回、緊急支援の一環として、COVID-19感染症に対応する医療従事者の皆様に提供するものです。
感染リスクがある被服の表面に触れること無く一人で脱ぐことができるよう、背面にミシン目を入れてある”こだわりの手づくり”がご好評を頂いております。また、寄贈した医療機関から改善提案を頂き、作業中に防護服がズレないよう親指を通す穴を加工し改良致しました。
防護服の供給不足が続いておりますが、SDGs(持続可能な開発目標)にも掲げている「すべての人に健康と福祉を」に貢献することを目指すべく、弊社は引き続き必要な支援を継続してまいります。

簡易防護服寄贈先様(五十音順)
◯学校法人北里研究所 北里大学病院様
◯公益社団法人 東京都医師会様
◯社会福祉法人 同愛記念病院財団 同愛記念病院様
◯裾野赤十字病院様
◯聖マリアンナ医科大学病院様
◯東京都立墨東病院様
◯日本医科大学武蔵小杉病院様
◯平塚市民病院様
◯三島総合病院様
◯他医療機関1箇所

 

bougofuku1  
bougofuku2 防護服説明書